日時:平成27年5月17日(日)
場所:ホテルモナーク鳥取(鳥取市)
参加人数:約50名
 
 2014年秋頃、酒パンフレットでライターをしていただいた石原美和氏から「とっとり酒楽探訪」の出版があると聞き、「酒造組合のプロモーション」と「デザインのイベント」と「出版PR」として何かができないかと考え、酒造組合と今井出版それぞれと話を進めることとなり、「出版記念祝賀会(2部制・一般参加型)」を企画することとしました。その中でTDAブースも設けることとし、DC2012で集まった酒のポスター・プロダクト作品や、それまでの活動記録などの展示を行うことを計画しました。
 当初の出版予定が平成26年内ということだったので、それにあわせて年内か年度内にイベントとして開催しようと動いておりましたが、出版日がズレることになり、平成27年4月内発行と決まった時点で平成27年5月17日(日)ホテルモナーク鳥取で開催することに決定しました。
 数回会議を重ねるなかで、デザインのイベントとして何かをするというのは本来の目的である出版と石原氏のPRから外れ、趣旨がぶれる、という意見があり「デザインと酒のイベントについては次回また違う形で行う」ということで、TDAは出版祝賀会プロデュースとTDAのPRに努めることとしました。これは、酒造組合へのバックアップ、プロモーションイベントの開催など含め、前記にある「酒プロ課題」のいくつかをフォローするための要素となること、また、TDAとしてはこれまので単独のイベントでは出来なかった方面へのPRに繋がると思います。特に今回は知事や県の観光課などの参加も見込めたイベントで、また、単独や数蔵の集まりで行っているイベントはあっても、鳥取県酒造組合として行うイベントは久しぶりということもあり、TDAとしても今後の活動を広げるにあたってもこの場でPRできることはかなりの有効であると考えます。
 
 
石原美和氏のコメント

このたびは「とっとり酒楽探訪」出版記念の宴を開催していただき、心より御礼申し上げます。鳥取県内の日本酒が一同に集うことは久しぶりとのこと。知事も長時間ご出席下さり、報道各社も熱心に取材をされ、日本酒の注目度が高くなってきていることを実感しました。また、幅広い年齢層の方々が和やかに交流されていることも印象的でした。短い準備期間の中で、開催に向けてご尽力いただきました皆様へ、心より感謝を申し上げます。

 
 
今井印刷株式会社 田淵社長様のコメント

鳥取の旨さを語るとき、地酒の話題は切り離せません。こんなにおいしい鳥取の地酒にトレンドを取り入れたPRをプラスする事でみなさんに認知されていくきっかけづくりができたと思います。
「とっとり酒楽探訪出版祝賀会」と「とっとり酒の宴」開催に際して、鳥取デザイナー協会さんのきめ細やかなイベント運営をして頂き大変お世話になりました。
平井知事のお言葉どおり、鳥取の地酒が本格的に全国区で評価されることを願ってやみません。

 
 
参加者のコメント

鳥取17蔵のうち16もの蔵元の集った豪華出版パーティー。地酒を注ぎ合いながら、普段お会いする機会のない酒米生産者の方のお話を直接伺うことが出来たのが特に印象的でした。皆さんの思いに触れ、一層地酒が好きになりました。
 
石原美和さんの出版記念パーティでは鳥取県の酒がいかに美味しいかを再認識しました。また、知事さんが参加されるなど石原さんの人脈のすごさにも驚きました。本の内容としては原料になる農家まで取材されており、鳥取県の物産振興に大きく貢献されるものと期待しております。

 
 
酒蔵のコメント

(株)稲田本店 杜氏 信木さん
本を読み、酒を飲むことで改めて鳥取の地酒を知ったと仰る方が多かったと思います。また石原さんが提案されていた日本酒カクテルは実際に作って頂くことで、来場されていた日本酒になじみのない方に日本酒の可能性を伝えられていて、酒蔵の人間としてもまだ学ぶことが多いと感じました。