日時:平成19年4月21日(土)13:40〜16:30
場所:鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館)(鳥取市)

□事務局連絡
☆財源策,活動&事業の検討
・平成18年度収支決算と平成19年度予算の確認
来年度は公的支援の予算がゼロとなり,収入は概ね会費のみとなる模様.事業計画を再検討する必要がある.各理事から組織運営について意見を聴取.

□組織運営について(質疑)
☆デザイナー協会の今後に対する各理事の意見
植木会長:今までなら清水,横地両理事が公的な立場で活動の支援について対応してもらえたが,お二人とも職場が変わったこともあり,今後抜本的に事務局体制を含め検討する必要があり.知事も変わって具体的にどんなアクションをするか.
高田理事:印刷小冊子の検討は必要かと.企業の広告が取れるか.ということも進んでいないので検討する必要がある.ボヘミアの回数減らすのもあるかと思うが,もう少し一般会員を引っ張れる内容に検討するべきかと思う.
野坂副会長:財源が落ちるから,事業をやめるということをすると,マイナス思考になるので,もう少し何ができるかということを検討するようにしたい.地域振興や商品開発などデザインの立場で関われる機会は増えてきていると思う.会費が少ないというのであれば,会費を上乗せをしてでも積極的に取り組むべき.活動をやめるのは簡単なので,続ける方向で調整していきたいなと思う.
清水部長:金がないなら金が無いならないなりに.企業の協力を募るなど,できるんじゃないかなと思う.来年30周年だし,今年度の活動を来年度の活動につながるような.デザインのことはデザイナー協会に聞かないと.というようなプレゼンスをあげるような方向にベクトルを変えないとと思う.
横地理事:県文連の補助金が本当に今マッチしているのか.していないなら他の手当を考える必要がある.今の事業も見直しの余地はあるので,コストのかからない方向で再検討が必要と思う.資金についてはもう少し民間の協力を取り付ける方向に動くべき.30周年の事業を進めるためには,今後のTDAのスタンスを明確にしていく必要がある.難しいとは思うがNPO化とか,業界団体としてまとまるとか.知事も替わって,商工施策に前向きに取り組もうとしているし,東京にアンテナショップを開設したいとの意向も出ている.知事に対する陳情をしていくことも必要ではないか.何を陳情するのか.当時の立ち上げメンバーの意見を含め,会員の意見を集めて方向付けしていくべき.
清水部長:鳥取県にとってデザインは文化芸術の扱いだった.世の中では経済マターとなっていることをきちんとアピールしていく必要がある.デザインのプランニングや地域振興事業に対して委託費を引っ張ってくることをしないと.
前田理事:県中部で夢アートのような活動を体験して,このような活動ができるのはデザイナー協会なのかなと思った.デザイナー協会の知名度をもう少し上げて,お金を引っ張るようなことができれば.

☆事務局について
・横地理事が事務職となったためフレンド会員への移行を希望しているが.
→植木:関係ないと考える.バックグラウンドがデザインであることが重要.地域づくりに関わるのだから正会員で問題ない.ただ,事務局の補助は難しいだろう.
・横地事務局次長→解任.清水部長が事務局次長兼務に.

□デザイン行政への要望(質疑)
☆知事に対して
植木会長:産業振興についての意見を述べることをしたい.デザインの切り口で.

□総会開催協議
☆スケジュール
5/12(土) 理事会
5/26(土) 総会
総会後,意見陳情,知事のアポを押さえて行う.
各理事は平成18年度の活動状況を事務局へ連絡を.

☆事業計画
・振興部,交流部の案を清水さんが調整.
・印刷小冊子については,再検討.平成19年度は準備期間として内容の編集,印刷会社への協力依頼期間とし,発刊は20年度にするなど.

☆総会準備
・ピンズデザインコンテスト表彰式を総会で開く予定.
・名簿などの問い合わせへの対応がきちんとできていない.ホームページの会員紹介をきちんと作るか,考えないといけない.
・今後のTDAの活動について,会員から意見聴取を行う.
アンケート内容は植木会長が作成→横地調整→4月中にファックスにてアンケート配布.
→会員は5月上旬までに回答,ファックスで事務局宛に送付.
→回答は清水部長が整理.
→次回理事会で総会案をまとめ.
・総会会場:野坂さん手配.出欠確認を今月中に出したい.内容については一任.鬼太郎列車の車両を借り切って行う案あり.
→4月中に確定.講演会などイベントは行わない.
→植木会長に渡して,事務局で発送作業.
・会計監査:5/11,14ごろを予定
・次回理事会は5/12(倉吉)→調整は前田理事に一任.

□その他
☆いなばの祭典実行委員会について
県内の広報,県外の広報で具体的な案が欲しいという広告宣伝に関する調査がきた.
→次回会合に清水部長が出て欲しい.主観でよいので意見を言って欲しい.→了承

☆新入会員申し込み
・アクトワン吉村隆幸氏→承認