日時:平成19年3月10日(土)13:40〜15:40
場所:ホテルセントパレス倉吉

□事務局連絡(横地理事より説明)
☆補助金申請について
 次年度の文化団体連合会の補助申請の〆切が2月22日であったので来年度予算として具体的に提示があった交流部の「印刷入稿マニュアル本」の制作のみを申請.

☆今後の日程の変更について
 総会を平成19年4月21日に予定していたが,事業がずれ込んだ事もあり平成19年5月26日(土)に変更する.場所は鳥取県西部(米子が有力)にて開催.4月21日を理事会に変更し鳥取にて開催し,次々回の5月12日にも理事会を開催予定.

□デザインシードコンテストについて(清水部長より説明)
☆応募作品について
・応募作品数54点(平面作品:44,立体作品:10)

☆審査会について
 2月19日(月)14:00〜16:30シセイ堂デザイン2階にて開催.
・審査員:植木会長,坂野・河原條・野坂副会長,清水・熊沢・高田理事の計7名
・立ち会い:横地理事,なかむら会員
・賞(11点選出,敬称略)
 グランプリ:尾上奈緒美
 優秀賞:岡崎真美,清水智子,松島邦雄
 奨励賞:5点
 学生賞:2点

☆UGサトー賞について
 UGサトー氏が来られてから,展示作品を見ていただいてその場で決定してもらい,授賞式会場にて発表の運び.→表彰式の場に本人がいないのは寂しいとの意見あり.上記の参加者への連絡の文書の中で,この賞を当日発表する旨について明記し,なるべく応募者は表彰式に来てもらうように配慮.

☆受賞式会場について
 国際ファミリープラザて授賞式.その後同8階にある「茶々茶」にて交流会を開催.

☆展示会会場について
・警備の件:前回の理事会において提起された警備についてはしない方向で考えている.ジャスコは09:00〜23:00まで開店しているので,警備を立てるのは現実的ではない.立体作品などを持って逃げられないようにテグスか何かで固定しておき,気軽に盗難出来ないようにしておくことで警備は行わない.あわせてイベント保険にも加入する.→承認
・展示内容について:会員個々の作品を展示することはしない.
 1.デザインシードコンテスト応募全作品展示.サブロクパネル22枚で展示スペースを設営.パネルの設置は山陰テントに手配済.
 2.TDA活動内容のパネル展示(振興部事業・交流部事業などの活動をB1パネルで制作)→清水理事が制作
 3.TDA会員の活動や業務のアピール(例:中部の「夢あーとフェスティバル」,東部の「麒麟獅子燈籠」など)→清水理事が制作
・会場設営について:
 3/22 18時よりパネル搬入(足立理事立会い)
 3/23 09時よりパネル展示作業(清水部長を筆頭に西部会員を中心に)
 3/25 18時より撤収作業(山陰テントを中心に)

☆表彰状について:
 厚さ7mm程度のアクリル板を彫刻して楯のようなものを清水理事が制作.箱はサンパックに打診.賞金は当日手渡し.→のし袋の準備が必要か.

■その他(横地理事説明)
☆ピンズデザインコンテストの表彰式について
 出来ればフェスティバルと同一の日に開催したいが、時期的に受賞者がいない可能性がある。その場合は4月の理事会か,5月の総会で行う.→横地理事が確認・調整

☆次年度以降のデザイナー協会について
 清水部長,横地理事共に3月末で産業技術センターを離れることとなった.これまでのように業務時間に手伝うことが出来なくなるため,今後の事務局体制を含め検討する必要がある.
 いずれにせよ次の理事会では,事務局のあり方や財源の確保を含めてTDAの今後についての意見を集約する必要がある.との共通認識を持った.