完成したピンズバッチ

 鳥取県デザイナー協会では、平成16年度より新しくスチューデント会員が誕生しました。このことにともない、昨年度スチューデント会員を対象とした事務局事業として、第1回ピンズデザインコンテストを開催いたしました。本年度も引き続き第2回目の開催を行ったところです。
 平成18年10月25日付けでスチューデント会員に文書にて告知し、11月1日から11月30日までの1ヶ月間作品を募集したところ、4名の会員より4作品の応募がありました。
 
 選考は平成18年12月19日から19年1月14日までの間に全会員を対象とした投票にて行われ、その結果、鳥取環境大学の中村鮎さんの作品が選ばれました。投票の際にはTDA会員が自由に作品に対する意見を述べることとし、中には辛口の意見もありましたが、デザイナーの生の意見はコンテストに参加したスチューデント会員にとって貴重なものとなったことでしょう。表彰式は本年の総会において行われる予定です。
 
 2回目の開催となった今回は、投票に参加した会員がおよそ半数と前回をやや下回りました。事業自体は滞りなく終了したものの、会員への協力の告知については反省する点も多く、次年度以降の開催に向けて、引き続き改善に取り組みますので、皆さまのご協力をお願いいたします。