2014年12月13日、米子市の鳥取県立産業人材育成センター米子校にて第14回カフェ・ボヘミアを開催しました。同校の学生、講師を中心に会員、デザイン業の方々約35名が来場されました。
講演第一部では第13回と同様、新卒でデザイン業界に入って一年目、米子市のデザイン事務所に勤務する大山恵梨奈氏。「目標を持って学ぶ楽しさ」ということで、デザインをしたい理由、入社後の心境の変化など自身の体験を語って頂きました。一言一言素直な語り口で来場者には参考になったようです。
講演第二部は大山氏の上司、岩田真吾氏に講演していただきました。
「デザインの切り口」というお題でしたが、自身の経歴や体験を交えてデザインの世界に入るきっかけや想いや、仕事が忙しくても楽しいと思える瞬間の心情を来場者目線で非常に分かり易く、大山氏を交えての軽妙な進行でお話しいただきました。
最後にTDA活動の紹介をしました。TDAとは?どんな活動をしているのかをボヘミア講演の後にさせていただいています。活動内容に賛同された方は事務局(jimukyoku@tda.jp)かお近くのTDA会員までご連絡下さい。デザイン職でなくとも興味があれば入会できます。
入会案内について
http://www.tda.jp/admission