作品募集チラシ


説明会の様子


「産業活性で故郷に恩返しを—」
熱く語る益田社長


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  当プロジェクトは山口県周南市「鹿野(かの)クオーツエキシビション2011」実行委員会、JAGDA中国・四国地域が企画し、石英ガラス加工技術PRをデザインによる地域産業活性化を目的としています。TDAもこのプロジェクトの一員として参加を打診され、結果事業部のメイン事業として進めていくこととしました。
  中四国のデザイン組織との交流を深め地域産業振興を目的とした連携による商品開発は初めての試みです。4月9日鹿野で作品コンテストの事前セミナーが開催され、当デザイナー協会より6名が参加いたしました。
  鹿野は中国自動車道の山口市の少し手前のインターチェンジのある場所で谷あいの町で、環境省から地域住民による主体的かつ持続的水環境の保全活動を評価され、平成名水百選に選定された「潮音洞・清流通り」がシンボルとなっている静かな農村地です。
プロジェクトは、この町にある石英ガラス製品を製作する『周南クオーツ(株)』の事業展開で地域ぐるみでの産業活性化を目指しています。
  セミナーではプロジェクトの概要説明から鹿野紹介地域案内があり、周南クオーツ社屋を見学、意見交換がされました。その後の交流会では夜半まで地域の方や周南クオーツの益田進社長の熱い思いと期待、各県のデザイナーの熱意を感じさせ、エキサイティングなものでした。 
TDAとしては、今回の山口県の試みだけにとどまらず、中四国地域持ち回りでのイベントにしたいと提案をし、広域なデザイナーの連携に繋げていくことを確認いたしました。
  本年度は皆様に既にご案内の石英ガラスを素材とするデザインコンテストの参加、優秀作品巡回展鳥取開催を計画、さらに第2弾として鳥取県をテーマとしたイベントに向かって企画をすすめてまいりたいと考えています。
 
日時:    2011年4月9日(土)13時開会
場所:    鹿野せせらぎ・パーク
                (山口県周南市鹿野)
参加者: 足立 佳茂・清水 文人・林 眞弘
            松島 邦雄・吉田 道夫・石本 奈美恵
 
━━━ 開催スケジュール ━━━━━━━━
6月30日まで/作品募集(平面作品を提出)
7月17日/一般公開審査(場所:漢陽寺)
7月〜11月/主催者側で入選作品を制作
12月/入選作品展示会開催(場所:漢陽寺)
 
同エキシビションの募集要項は
山口県デザインセンターホームページまたは
各会員に配布したチラシをご覧ください。